オリーブ相談支援事業所

サービス等利用計画の概要

平成24 年4月の改正障害者自立支援法施行により、市町村は障害福祉サービス等の支給申請者に対し、サービス等の支給決定前に「サービス等利用計画案」の提出を求め、これを勘案して支給決定を行うことが定められました

サービス等利用計画とは

「指定特定相談支援事業者」が、障害福祉サービス等の利用を希望する障がい者の総合的な援助方針や解決すべき課題を踏まえ、最も適切なサービスの組み合わせ等について検討し、作成するものです。国からは、平成26年度末までの間に、原則としてすべての障害福祉サービス利用者に対してサービス等利用計画を作成し、モニタリングを実施する方針が示されました。
オリーブ相談支援事業所は利用者の自立した生活を支え、皆さんの抱える課題の解決や適切なサービス利用に向けて、ケアマネジメントによりきめ細かく支援をし、利用者の立場に立った適切な指定計画相談支援の提供していくことを目的に事業を実施しています。地域の実情に合わせた適切なサービス提供ができるように、また、地域の様々な施設、関係機関と協力し、地域福祉の推進に努めていきたいと思います。

アクセス

オリーブ相談支援事業所
〒607-8142 京都市山科区東野中井ノ上町3-2