オリーブホットハウス

Journal

#3

書店九のお話会

2023.12.01

オリーブのお昼ごはん

12月23日(土)に立命館大学衣笠キャンパス近くにあるスウィングキッチンYourにて、駒澤真由美さんとオリーブの会の勇川昌史が、精神障害者への就労支援の場でおきていることをお話しします。当Journalページを執筆する木谷恵さんが営む書店九が主催です。ご関心のある方は、ぜひお越しいただければと思います。

お話会の紹介(書店九より)

近ごろ、株式会社などの営利法人が運営する障害者の就労支援事業所が増えており、利用者の集め方、支援のしかたがこれまでとは少し違うらしい、福祉の老舗と言ってもいいような長年続く事業所からも移っていくひとが少しずつ増えているらしいという話を、オリーブの会の勇川昌史さんから聞きました。
もしそうした動きが広がっているのなら、これまでの支援や事業所運営のあり方を一度考えてみても良いかもしれない。なぜなら、世の中が大きく変わる中、障害をめぐる福祉においても、これまでのあり方を問うような変化が起きているかもしれないと思うからです。
従来の福祉や事業所運営をよく知る立場から、20年近くオリーブの会で働き、運営も担ってきた勇川昌史さんと、研究者の立場でこれまで多くの精神障害当事者のお話を聞かれてきた駒澤真由美さんに、いま就労支援の現場で起きていること、この先の就労支援についてお話をうかがいます。

日時/2023年12月23日(土)13:00〜15:00(開場12:30〜)
場所/スウィングキッチンYour(京都市右京区龍安寺衣笠下町29)
ゲスト/駒澤真由美さん(http://www.arsvi.com/w/km35.htm)、『精神障害を生きる――就労を通して見た当事者の「生の実践」』著者、立命館大学大学院 先端総合学術研究科 プロジェクトマネージャー(研究指導助手)
勇川昌史さん(https://olive-net.info)、社会福祉法人オリーブの会 理事長、大阪保健福祉専門学校精神保健福祉科、京都府立大学公共政策学部福祉社会学科非常勤講師
参加費/1,500円(1drk付)
定員/25名
申込/以下のURLよりお申し込みください
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfCnxvyBQu7u7aqgJGqK_7T9X-26ukHg5MW5T1u0ij9vcrl8Q/viewform?usp=sf_link
主催/書店九(https://www.books-9.com
問合先/info(at)books-9.com